中性脂肪を下げるにはこんな簡単な方法があった!

中性脂肪を下げる方法

食事を改善して中性脂肪を減らす


中性脂肪の上昇を抑え、減少させていく方法として、最も高い効果を望めるのが食事療法です。なぜかと言うと、人体から脂肪分解するための栄養素を作り出すことは出来ないため、食事から摂取しなければならないためです。
つまり、減少に効果的な食材から栄養素を吸収すると言うのが大前提となってきます。



EPAとDHAが含まれている青魚は最も効果的です。しかし、EPAもDHAも体内で酸化しやすい栄養素であるため、単体で摂取しても効果が薄い場合があります。
そのため、抗酸化作用を持ったビタミンCを含む食材を料理に加える必要があるのはもちろん、さらに効果を高めるため、血液をサラサラにする効果の高い海草類や根菜、大豆などを加えることが大切になってきます。



食事を改善していくことにより、中性脂肪の増加が抑えられるのはもちろん、血流が正常になることからコレステロール値も下がり、動脈硬化心筋梗塞などの生活習慣病のリスクを大きく下げることにも役立ちます。
生活習慣病の予防は食事からと考え、しっかりバランスの取れた食事を心がけるようにしたですね。


運動により中性脂肪を減少させる

中性脂肪を減少させる方法として最も重要なのが食事ですが、それに併せて適度な運動を心がけることが、より高い効果を発揮する方法となります。


特に有酸素運動が重要であり、体内に多くの酸素を取り込むと言う活動を続けることが大切です。有酸素運動はウォーキングに始まり、ジョギングやサイクリング、スイミングなども含まれます。スポーツはもちろん好ましい有酸素運動のひとつと言えるでしょう。


また、有酸素運動だけが中性脂肪を減少させると言うわけではありません。例えば 雨の日で外での運動が出来ない場合は腕立て伏せや腹筋、スクワットのような無酸素運動を行うことも意識しましょう。


無酸素運動は直接的に中性脂肪を減らす効果は少ないものの、「脂肪のつきにくい身体」を作るために重要なものであるとも言えます。
複合的な運動を重ね、継続することで、より一層健康な身体を作っていくことが出来るはずです。


食事や運動は続けにくくあきらめる人が多い

食事と運動の両方から改善を図ることが大切ですが、簡単に続けられるものかと言えばそうでもないのが実情です。 忙しい日々の中、料理や運動が疎かになりがちなケースもあれば、早期に諦めてしまう方もおられることでしょう。


このような場合、サプリメントを常備しておくことで手軽に減らすための活動を続けることが出来るはずです。 特にEPA、DHAが配合されたサプリメントであれば、食事療法や運動療法がなかなか続けられない方でも、問題なく取り組めることでしょう。




吸収率が全く違う革命サプリメントはここ


もっと簡単に中性脂肪を下げる方法はないのか?

青魚に含まれるEPAを750mg摂取しよう


「食生活を正す」「適度な運動をする」と言うだけでは、簡単には改善が促せないと感じられる方も多いことかと思われます。 そのため、どうすればもっと簡単に中性脂肪を落とすことが出来るのかということを考えていく必要も出てくることでしょう。


簡単に中性脂肪を下げる方法として、食事の中に青魚を取り入れるのが最も効率的と言えます。


青魚には中性脂肪を減少させる栄養素でもある「EPA」が含まれており、1日750mg程度の摂取が望ましいとされています。 この750mgはイワシ2尾分に相当しており、決して多量に食する必要はありません。


他の青魚でも1切分で1g程度(1000mg)十分なEPA量を含んでいるため、容易に摂取できる分量とも言えます。


EPAは体内で作ることができません。


中性脂肪を減少させるためにはEPAやDHAと言った栄養素を取り入れる必要がありますが、実はこの栄養素は体内で作ることが出来ないものです。 つまり、人体において減らすことが出来る栄養素は存在しておらず、食材から摂取する以外方法が無いのです。


しかし、EPAを含んだ食材は非常に身近なものであり、特殊なものは一切ありません。 近所の魚屋やスーパーなどで安価に売られている青魚を1日1切程度で十分摂取できるものでもあるため、EPAを取り入れるための苦労と言うのはほとんど無いと言ってもいいでしょう。


EPAを摂取できるサプリメントがおススメ


中性脂肪を減少させる効能が認められるEPAやDHAですが、これらを取り入れるためには青魚を食することが一番ではあるものの、青魚特有の臭みや味に苦手意識を持つ方もおられれば、毎日青魚を食べ続けることが出来ないと言った方もおられることかと思われます。


このような場合に役立つのが手軽にEPAを摂取することが出来るサプリメントがおススメです。

EPAが含まれたサプリメントにもいくつか種類がありますが、ドリンクタイプのものやカプセルタイプのものなど、生活環境に合わせて利用してみるのもいいでしょう。


忙しい方にとっては手軽にEPAが取れるのはもちろん、青魚特有の臭いや味が苦手と言う方にも簡単に摂取できるため、非常に便利です。


効果が国に認められている特定保健用食品


EPAが手軽に摂取できるサプリメントも今では数多くなってきましたが、その中でも特に利用したいのは特定保健用食品として認定されたサプリメントです。


特定保健用食品は国の定める基準をクリアしていると言うことでもあり、安全性、信頼性が高いのはもちろん、利用の際の安心感も大きく変わってきます。 サプリメント自体に抵抗を持っている場合であれば、特定保健用食品としての認定を受けたものを選んでみましょう。



20%の減少に成功、特定保健用食品VS革命サプリメント



特定保健用食品イマークがおススメなわけ


国も認めるイマークの特徴

中性脂肪の上昇を抑え、減少効果の期待できるサプリメントとしておススメしたいのがニッスイのイマークです。国内で唯一の特定保健用食品として国に認定されており、安全性、信頼性共に高い水準を有しています。


その使用による臨床結果を公開しており、1日1本、2ヶ月の使用を続けることで、実に20%もの中性脂肪の減少に成功したと言う報告がされています。

また、青魚の味や臭いが苦手な方でも手軽に飲用できるヨーグルト風味のドリンクタイプとなっており、無理なく続けていくことが可能と言うのが大きな特徴と言えるでしょう。

お試し金額 1,000円
成分 EPA600mg・DHA260mg
WEB特典 このホームページからの申込で、お試し料金が1,050円に
飲み方・味は


中性脂肪の減少に効果の高いサプリメントですが、その味は青魚を連想させるようなものではなく、ヨーグルトタイプの飲みやすい味に調味されています。一本の用量も少ないため、手軽に飲用できると言うのが大きな魅力のひとつでしょう。


また、飲み方の制限は特に無く、1日1本と言う用量を守ると言うことだけで、食前、食後など時間は問いません。


ただ、大きく効果を期待するのであれば、食後の飲用が好ましいと言う程度なので、ライフスタイルに合わせて飲む時間を決めると言った方法でも問題はありません。


どんな人が飲んでいるのか?

イマークを飲んでいる方のほとんどが、現在中性脂肪やコレステロールの増加に悩んでいる、もしくは中性脂肪増加の予備軍と言われる方たちです。



イマークは現在進行形で中性脂肪の増加に悩んでいるため、その数値を減らしたいと言う方にはもちろん、最近の食生活の乱れやアルコール摂取の機会が増えている方、体質的に中性脂肪が増加しやすいと言う方にとっても予防策として効果が期待できるのです。


臨床実験で20%の中性脂肪値の減少に成功

イマークは臨床実験の結果を公開しており、誰でもそれを確認できるようになっています。

その結果によると、1日1本、2ヶ月間使用を続けることで、平均20%もの中性脂肪の減少に成功したと言う報告がされています。



中性脂肪対策として青魚を毎日食べたいと考えていても、なかなか実現できない方や、青魚特有の臭いや味が苦手と言う方、毎日継続すると言うこと自体が苦手な方であっても、手軽に中性脂肪を落とし、生活習慣病予防を続けることができるようになるでしょう。


さらに、これだけの効果を持ちながら、国の定める基準をクリアした特定保健用食品として認定されているため、安全性も高く、副作用なども一切考える必要なく飲用を続けることが出来ると言うのも大きな魅力のひとつです。




20%の減少に成功、特定保健用食品VS革命サプリメント